シマノ SPDシューズ 25周年。

giroのシューズ。どうも右足が変な形してるので、距離30km or 3時間 漕ぐと痛くなることが分かった。数分試着しただけじゃ分からなかった。GIROのシューズが悪いんじゃなくて、全部自分が悪いのです。

憧れのブランド、好きなブランドを身につけることで、痛みには勝てないことが分かった。ということで、giroは通勤用に決定。

約20年間今までシマノシューズを愛用してきた(店の事情で、一部スペシャライズドを履いてた時期もある)。

SPDシューズ歴は、

シマノ(MTB用)5足、SIDI(MTB用)1足、シマノ(ロード用)1足、スペシャ(MTB用)2足、スペシャ(ロード用)2足、GIRO(MTB用)1足。合計12足。

はやり自分の足の形状はシマノなのか。と受け止め、いろいろ調べてたら、今年でシマノSPDシューズ25周年ということで、復刻デザインが出るみたいで少しと言うか、ここだけの話だいぶ気になってる。(between you and me、中学生ん時習った英語でいちばん好きな言葉です)

スクリーンショット 2015-04-30 10.29.20

between you and me:ここだけの話。シマノにしてもいいじゃん!ともう一人の自分がささやいてるので、近日中に決めようと思います。

シマノオフロードサイクルシューズ → こちら

クリートの位置。迷い迷って、迷い中。

体調の変化で左膝が痛くなる。自分の場合は、骨盤が歪んでるのと、右に対して左モモの筋肉量が少ないので、たまに左膝への痛みがやってくる。対処方法はここでは話せないけど、それに対応したストレッチがあるので自分で治せる。でも痛いときは痛い。
クランクブラザーズのクリートを、クランクブラザーズの工具で調整する絵が撮りたかっただけ。
Processed with VSCOcam with c1 preset
だいたいは、クリートの位置を左右に調整すれば治るので、もし膝に痛みがあれば試してほしい。それでも痛みがある場合は、1週間くらい自転車に乗るのを控えるか、治療してもらうのがいいでしょう。

クオック・ファム  自転車シューズ 43 ブラック

昨年のいま頃は、このシューズの存在を知らなかった。そしたら、半径10m以内の場所にあった。

http://sim-works.com/quocpham/

01_FRONT__MG_0089

02_Rear__0008__MG_0155

03_BOTTOM__0000__MG_0185

04_TOP1__0001__MG_0209

 

たまたま革靴が必要になったから欲しいわけじゃない。ここ数ヶ月で趣味趣向が変化して、本当にかっこいいものとか何か?ということを自問自答しながら、見つけた答えは 43 ブラック。毎日ライド、ロードライド、マウンテンライド、シクロライド、すべてのライドをこの1足で。なんか想像するだけでもかっこいい。

使用前、使用後の写真みたいだけど、使えば味が出てくるのがいい。

#quocpham

A post shared by Yasutake Enomoto (@_enopy_) on

オールシティー マッチョキング 52



たしかに、オールシティーが熱い。次期モデルから完成車販売がなくなるマッチョキング。このパッケージが30万円というのは決して高くない気もする。※もう完売になったので、手に入らない。
自分はフレームセットをオーダー中でまだ自分のが来てないのは、なんかもどかしいが、だんだんシクロクロス仲間を増やして、だんだん楽しくなってきたのはみんな知ってる。

grumpy

 
2月に勤務して約2ヶ月経った。


コーヒーがすごく美味しいです。自分で言うのはアレだけど、こんな自転車ショップは、いままで見たこと無い。埼玉の自転車仲間へ。来てくれたら、コーヒーやビールおごりますよ!

GRG

今日は休日。
今月から週休2日になって、今まで以上に自転車に乗るのが楽しくなってる。地元広島に戻ってきたこともあって、年に2度の帰省がなくなった。帰省の有休を取る必要がなし、自転車に乗れる時間が増えた。とにかく毎日が楽しい。玄関開けたら30分で峠。ベランダの50m先は海。今の所カープの方は調子悪いけど、とにかく毎日が楽しい。(2度目)

これかっこよく撮ってるように見えて、iPhoneのVSCOcamってアプリで加工すればこうなる。

grumpyにあったビデオカメラを触ったら、ムービー撮りたい撮りたい!と声が聞こえてきたので、今日はムービーを撮りに行った。これ、実はすごく疲れる。事前に撮りたいアングルや場所は頭に入れておいたので、1分半のムービーのために撮影はスムーズに4時間で終わった。
絶対に誰も撮れないアングルを考えたり、橋の上にカメラをセットして、下に降りて坂を登ったり。一人で三脚持って山にカメラセットするので、明らかに不審者だ。とにかく行ったり来たりで、忍耐力が必要。もし数人で撮りに行くなら、事前の打ち合わせが必要になるだろう。あの場所で、こういうアングルで撮る!とか。一人だと自由にできる反面、並走しての走行シーンが撮れないので、すごく退屈なムービーになる。
次回はMTBでもやってみたい。MTBの場合は、山の中は風景がほぼ同じなので、ひとまずいっぱい撮って、ムービーを繋げば良さそうなのが出来そうだ。
オンロードの場合は、太陽の角度とか、風景とか、撮ったムービーを前後すると絶対にネタバレするから難しい。
5、6年前はよくMTBムービー撮ってたので、またMTBムービー撮りに行きますか。山の中で行ったり来たりできる人だれか募集。iPhone6plusショートムービー撮りましょう。