自転車に乗りながら一眼レフで写真を撮る Canon EOS5D フルサイズ

べつに、どうでもいいことだけど、一眼レフを首にぶら下げながら自転車に乗るのが好きだったりする。レンズがステムに当たって、壊れたこともあったけど。とにかく写真撮るのが好きで、あそこ走ったなーとか、あれ綺麗だったなーって思い出すのにちょうど良い
最近は28-70mmのレンズを使用。ただ重いので、首が痛い。

今までは50mm単焦点。クリスキンググルメセンチュリーもカメラぶら下げてライドする予定。距離80kmくらいなら余裕。

50mmレンズを好んで使ってた理由は、28mmや35mmの広角レンズだと近距離で撮る時は全体が入って良さそうな写真ができるけど、写真がゆがんで見えるので、頭でっかちになったりよく見ると不自然な点が多い。
50mm以上だと、ほとんどユガミ無しで撮れるけど、撮りたいものの距離を離さないと全体が撮れないので、ライド中にこけそうになったり、溝に落ちそうになったことは良くある。だからカメラ向けたら、すこし離れてほしい
フルサイズ一眼レフにこだわる理由は、フルサイズって響きがかっこいいから。フルサイズじゃなくてもいいカメラはいっぱいあるし、自分が持ってる5Dよりも最近のkissの方が動画も撮れるし、軽いし、性能がいい。

でも、フルサイズじゃないと倍率が1.6くらいなので、50mm単焦点レンズを使用した場合80mm相当になる。50mmなのに80mmってなんか変なので、それも理由でフルサイズ一眼レフを使ってる。

ということで明日は自分休みもらってるので、一眼レフ持ってどっかにライド!