シクロクロス練習会

干潮のとき、砂浜が出現!コツがありますね、砂を走るときは。

コーヒーで休憩とか、楽しすぎる。

タイヤを交換しながら、グリップの違いを確かめながら走る。やっぱ、タイヤと空気圧ですね。

 

コケるまで、皆で見る練習。

コケる瞬間って、意外とコケないので、コケる前提でコーナーに侵入してみたほうが正解かもしれない。

コケるまで練習です。

View this post on Instagram

#grumpycxteam

A post shared by Yasutake Enomoto (@_enopy_) on