山口県周防大島 オレンジライド POWERトレーニング

2/5(金)は、休みを取って自転車を漕ぐ事に(トレーニングへ)。 せっかく走るなら環境の良い場所へ!という事で、8時前に家を出発して、山口県の周防大島へ。なぜか周防大島が好きなんです。

周防大島を自転車で走るのは、5回目くらい。島なので、ショートカットできるし、信号が無いのが好き。今回はロングになりそうだったので、いろんな修理出来るように、工具とチューブを多めに持ってきた。このフレームバッグの内部には、工具など、財布、携帯、予備バッテリーが入ってる。見た目はダサいけど、心配症の自分にはピッタリのアイテム。 

今回ライドするのは、島の外周じゃない。少し内陸のオレンジロード。ここは信号機がなく、アップダウンが多いので、トレーニングに最適。いつか、グランピーのシクロメンバーで、トレーニングライドしたい。 
とにかく坂が多い。鼻の穴が全開になるほど。昨年もオレンジロード走って、とにかくキツイイメージ。


今回初の路上POWERトレーニング。平坦な道を走ると、速度が出過ぎるが、緩やかな勾配があれば、良いトレーニングになる。

往路は300Wを意識してライド。登りは基本ダッシュ。ダッシュで400-450W。一度マジアタックして一瞬900W!その瞬間前輪が浮いてコケそうになった。スプリントしてて、接触してないのに落車するのは、こう言う感じなんだろう。VMAXのVブーストみたいで、前輪の接地感がない、、、そんな感じ。

ガーミン上に見える数値がW(ワット数)、左下に見えるのがTSS疲労値。30分くらいのシクロクロスC3くらいだったた、TSSは170前後だと思う。


POWERトレーニングの良い点は、TSS値を見ながら走るので、オーバートレーニングにならない。TSS値が200くらいなら、翌日に少し疲れが残る。300オーバーだと翌日も疲労が抜けない。そんなイメージだ。

所どころ案内板。 
オレンジロード 

往路でTSS値が180を超えたので、もう引返すことに。トレーニングなので、ただ距離を走れば良いと言う訳じゃない。効率の良いトレーニングを。みたいな事を本で読んだ。 
この日、気温は10℃前後。前半のインターバルトレーニングのおかげで、脚がパンパン。TSSが180なので、シクロクロスC3レース終わった感じの疲労感。




今日はC13のテストライド。結果60km走ってみて、お尻の痛みは無い。無いというか、やっぱり漕ぎ方なのだと思う。少し実験的にのんびり漕いでみると、お尻痛い。200Wくらいから痛くならない感じ。サドルは、合う合わないあると思う。このC13は、ビンディングペダルを使い、レーサーパンツを履く人なら、基本的に誰でも合いそうな気がする。

悔しいが、気に入ったコレ。


とにかく細いイメージで、脚が回しやすい印象のサドル。


座面は幅狭いので、クッション性無いと思っても良い。メーカーサイトの言葉だけの情報で購入すると、痛いじゃん!って思うかもしれない。 
約2時間半ライド終了。後半全然ダメだった。POWERが出なかった。TSS値は350。 
実際、獲得標高は1300mくらい。↓これはスマホのアプリなので、詳細データは明日以降に報告します。パワーも。
トレーニング合宿終了。 
その後は、岩国のハンバーガーを!


ダブルチーズトマト。

その後は、温泉へ。5分温泉つかって、45分くつろぎスペースで過ごしてた。

また行きますヨ!