使ってないMTBのフレームがあるなら。

このインスタグラム見て、ビビ!ときました。これか!このスタイルがあったか!と。
いま、空手モンキーのフレームが転がってるから、こんな感じで組んでみたくなっただけ。
surly karate monkey 20"


もう少ししたら、またカラテモンキーの季節がやってくるでしょう。その前に組んでおきたい。

スペシャライズドのインスタグラムでThe Adventure Dispatchというアカウントがあります。

かっこいいキャンプの提案型のアカウントです。旅とかキャンプっていうと、汚いイメージですね。自分も大学生の時に北海道を走って時は、そんな感じでした。
良い感じに大人になり、若い人たちのお手本となるキャンプツーリングをしていくのが、自分ら大人の自転車乗りの役割ですね。
この、ウルトラロマンスが乗ってるバイクも、自分の検索能力を発揮して何か判明しました。

この iamspecialized_adv アカウントフォローして、真似していきましょう。

https://www.instagram.com/iamspecialized_adv/

 

カジュアルという言葉に迷ったら真似をすれば良い。

ウルトラロマンス。自転車界ので彼の影響力は本当にすごい。自分はその凄い人!ということ以上の模索はしない様にしてる。
自分の中で究極のカジュアルライダーだ。
https://www.instagram.com/ultraromance/

ここ最近のFキャリア&Fパニアバッグの火付け役

💥bikes!💥 📷 @warrenkommers

A post shared by J. Bené Romanceür Esq. (@ultraromance) on

Fキャリア付けて、前にパニアバッグ付けると、MUSTで裸になるイメージ。
抑えるところは、ちゃんとしてて、パニアバッグ完全防水のオルトリーブです。

Pool boys of the Andes #lostnevados photo by @yonderjournal

A post shared by J. Bené Romanceür Esq. (@ultraromance) on

前にコレだけ荷物を搭載するんだったら、パンクや乗り心地のことを考えると、タイヤ幅47C(約1.8)以上が必要。
自分が大学生のとき北海道を自転車でキャンプしたときは、後ろに荷物を搭載して、MTBでタイヤ幅1.9でした。
実は大学生の時に北海道をキャンプツーリングしました。京都の舞鶴港から小樽港までフェリーで移動。
小樽から富良野まで輪行。富良野から留萌に出て、宗谷岬を目指すライド。
基本野宿とキャンプ場に宿泊。稚内駅の前で、寝袋で寝たのが懐かしいですね。

日本だとこういう環境ないけど、こんなスタイルで乗ってみたいですね!

自分が思う理想のキャンプ系自転車は、
・ドロップハンドル
・ディスクブレーキ
・クロモリフレーム
・Fキャリアが付けれる
・パニバッグはオルトリーブ
・700-43Cくらい

ってトコです。

もし、カジュアルって言葉に迷ったら、彼の真似からしていきましょう。きっと答えが見つかります。

ポケットの光る短パン。

CAFÉ DU CYCLISTE カフェ ドゥ シクリステ
Paulette / Light Weight Shorts

@cafeducycliste_style のポケットが光る短パンです。

A post shared by Yasutake Enomoto (@_enopy_) on

本当に良いものって、雑誌には載ってないのです。

しまなみ海道をどんな服装で走って良いか分からないと言われたので。こんな服装で走れば良いんです。

キメるとこは、キメて。

前カゴつければ、この脱力感が良くて、きっと気に入る。自分らは、レーサーじゃないので、速く走る必要ないし、自転車を純粋に楽しめば良いんじゃない?


短パンとTシャツのカジュアルスタイルで。
短パンは大きなロゴが主張してないスワーブやクロームを。
アスレチックのソックスを。そして、ソックスの長さが重要。
ヘルメット、シューズはGIRO。
サングラスはオークリー。
Tシャツは何でも良い。
一般的なウエア各メーカーが、カジュアルスタイルを提案してきてるけど、それが結構ダサいので騙されないように。

なんか、このラフな感じが良いんですよね。
広島のgrumpyには、イケてる短パン、イケてるTシャツ アリ。

フロントキャリアをつける。サーリーのストラグラー。

竹ちゃんの、サーリーストラグラーがかっこ良すぎて、正直言って悔しいですね。

なんてういか、前にバッグをつけた方が、かっこいいですね。
速さを求めない!このスタイルが解る人には、ジワジワくるんだろうなーと。

今年からストラグラーは、フレームサイズ50以下は車輪650Bモデルになりました。タイヤ幅は41C。
WTBの「あの47C」を装着したら、「あのムチムチ感」が最高にカッコイイんでしょうね。

こういうスタイルを楽しめる人って、あんまりいないし、知らない人が多いでしょう。もっとリラックスして、のんびりサイクリングしましょっか。純粋に自転車を楽しみましょっか。
なんのために自転車に乗るのですか?
長距離を走るのは、特に偉いことじゃないので、いかに楽しむか!も重要。それを達成できる自転車が、このストラグラーに詰まってる。

余談ですが、ありえない距離を走る人はモテないらしいです。

グランピーブログでも告知してますが、7月3日は江田島ライド

その内容は → こちら

このフェリーに乗って向かうスタート地点というか、なんというか。広島のサイクリングの醍醐味の一つですね。

フェリー乗船時間が30分なので、船内でみんなでワイワイ。それが楽しいですね。

今回はシエロで行きます。

シエロにテイクアウトバスケットつけようか、どうするか。