サーリーアイスクリームトラック27.5×3.0計画!

コレ、みんなやってみたかったでしょう!

ファットバイクの可能性が広がるカスタム!

ハブは新しく用意。

Fハブ150mm x 15mm、Rハブ197mm x 12mm!もう規格外で、よく分かりませんね。

26×4.0と27.5×3.0の直径がほぼ同じなので、見た目スッキリだけど迫力あるファットバイクが組みあがりそうですね〜。
サーリーアイスクリームトラック↓

リムをブラックにしただけでも、格好良さが倍増。お願いだから、ここ広島に大量の雪が降ってほしい。

で、各ブランドはファットバイクをラインアップしてて、サーリーが最初のファットバイク!と言う事で、その開発秘話を聞いたら、他のブランドとは比べ物にならない情熱。

フワフワした空気を楽しむ!それかサーリーの一番大切にしてる事。2017シーズンは、このアイスクリームトラックでMTBライド楽しみますよー!


自分は身長180cm。山の中で遊ぶ事を考えると、サーリーはMサイズを。サドルTOPは740mmで、フラットペダルを。

このアイスクリームトラックのジオメトリーは、実はトレイル向きになってて、降り気味のトレイルが凄く楽しいです。

MTBって長時間乗って楽しい!って感じで、このファットバイクのジャンルって、短時間で普通のMTBの倍楽しめる!って感じです。楽しい要素が多いから、つおついトレイルに持って行きたくなるバイクですね〜。

完全なノーマークだった発想カスタム。SURLY’S DIRT WIZARD IS THE SHREDLIEST 27.5+ TIRE I’VE RIDDEN – MORGAN TAYLOR

SURLY’S DIRT WIZARD IS THE SHREDLIEST 27.5+ TIRE I’VE RIDDEN – MORGAN TAYLOR


このブログ→http://theradavist.com/2016/03/surlys-dirt-wizard-is-the-shredliest-27-5-tire-ive-ridden-morgan-taylor/
2016年は27.5インチのMTBが主流とは言えないが、やっぱメインになっていった年だった気がします。29インチMTBを27.5にしてムチムチタイヤを入れる!

2017年は、逆な発想カスタムも来るでしょうね〜。26×4.8→27.5×3.0みたいな、ファットバイクをスカスカにするカスタム!


MTBを買う参考になるブログはgrumpyブログで書きますねー。お楽しみに!

2017年の準備完了です。MTBライドを楽しむ年に!

MTB/マウンテンバイク、ファットバイク、サーリー、、、。すでに3つのジャンルがある、このアイスクリームトラックは最高です。

昨日で仕事納めだったので、今日はMTBお一人様ライド。実は昔から自転車が趣味なので、久々に仕事を忘れてMTBライド楽しんできました。

登りなんて押せばいいんです。下りがめちゃくちゃ楽しくて、昔のMTBライドが楽しかったのを思い出させてくれました。

grumpyでは、サーリーアイスクリームトラックMサイズ試乗車アリ。2017年には、この試乗車を少しカスタムして、今まで日本になかったカッコいいアイスクリームトラックを!

リムをブラック色に、ドロッパーシートポストを、フロントシングルギアへ、スプロケットは42Tを、27.5×3.0のタイヤを!

世界で一番かっこいいシリーズで、「世界で一番カッコいい、サーリーアイスクリームトラック」を!

カフェドのウエアを着て、サイクリング。

広島の気温に向いてるんでしょうねー。このウエア。

grumpyのみんなってカジュアル。

 

肘の部分がカワイイ。

 

今回はオールシティーでライド。のんびり雰囲気には、この仕様がGOOD!

PDWのバードケージに、このボトル入るんです。

シクロクロスバイクを、シクロクロスで使わないときは、この650x47Cスタイルがいいですね。速く走りたい人は、ロードバイクに乗ればイイし。

なんと言っても見た目が可愛くてお気に入りですねー。

 

サーリーのディスクトラッカー

グランピーのブログにアップしてますコレ。

http://www.grumpy.jp/?p=29285
本気でカッコいいですねーコレ。今回も、お任せ作業でgrumpyぽいサーリーを組んで欲しいと依頼がありました。

なので、身勝手と言うか、自分が乗るならこんな感じがいいなーと形にしました。

実は、会ってなく、メールでのやり取りだけで、自転車って組めるんですねー。

好みとか、好きなスタイルとか、そう言うのを聞いて、この人だったら、こんな感じで組んだらカッコいいだろうなーて想像(創造)しながら、形になっていく自転車。

いい物って高価だけど、あえて高価じゃなくてもイイ部分ってあるので、それを混ぜ合わせて、「カッコいい方程式」に当てはめていくと、grumpyらしい自転車が完成です。

身長165cmくらいの人なら、この50サイズがいいですねー。少し大きめの感じもあるけど、なんかそれがかっこいいんですよねー。

乗り手と作り手の雰囲気が一致する自転車って本当に良いものが作れるし、みんなが「それカッコいいわー」って思うんですよねー。

自分が自転車組むとき心がけてる事は、シンプルだけどパンチのあるセンス良い自転車。

だから、あんまりごちゃごちゃしたのが嫌いだし、その方が飽きがこないから絶対にいいでしょう。

なんか組んでみたい自転車あれば相談してください。世界で1番カッコいい自転車作りますよー。

ナイトライド

ナイトライドへ。

その前は、クリスマスケーキ。

その前は、店内改装。

アパレルコーナー改装して、今まで以上に楽しくなりました。

KONA WHEELHOUSE ホイールハウス

こんな自転車が、広島の環境にはいいんでしょうねー。広島って、海、山、島あって、サイクリングには最高の環境。
それに飽きたら輪行して、中国地方をいろいろいけるし、フェリー乗れば四国や九州に渡れるし。

スクリーンショット 2016-12-22 11.24.51.png

WHEELHOUSE http://www.konaworld.jp/bike-wheelhouse.html

たぶんだけど、このスペックが2017年ディスクロード(グラベル系)のスタンダードになるでしょうね。

長めのヘッドチューブだから、ハンドル位置が高目。高いと言っても、自然な前傾姿勢ができる範囲。ブレーキは新型のフラットマウントタイプ。このモデルはワイヤー式のブレーキだから制動力がないので、そのうち油圧ブレーキにしてもいいでしょうねー。

この前計算したら、ワイヤーと油圧式ディスクブレーキって差額約2万円。ワイヤー式に2万円出せば快適なブレーキに。シマノの場合。

大きなダボ穴(キャリアなどをつける穴)がないのも特徴で、近年の定番と言っていい「バイクパッキング」想定してデザインしてるんでしょう。メーカーページには書いてませんが。

すでに、ロードバイクや、シクロクロス持て人は買う必要ないですが、まだドロップハンドル持ってない人は、このモデルに乗れば楽しいでしょうねー。ドロップハンドル最初の一台が、この自転車だと想像したら、今後のサイクリングが今以上に楽しくなりそうですねー。

 

シクロクロスはできないので、シクロクロスやりたくなったら、シクロクロスモデルを買えばいい。