カフェド入荷です。と言いたいトコだが

カフェド入荷です✨入荷商品はブログにて☝︎ @cafeducycliste_style #cafeducycliste #simworks

A post shared by Grumpy Bike Shop (@grumpy_bike) on

カフェド入荷!と言いたいのじゃなくて、実はこの自転車を見て欲しいんですよ。ディスクブレーキ仕様のシクロクロス!

このシクロクロスは、コーナーバイクで作製してもらったオリジナルシクロクロス!

ジオメトリーは自分が決めさせてもらいました。

今夜のナイトシクロクロスでは、芝の上を初走行。アスファルトで乗った時は、凄い進むのにビックリ。日本人に合った細目のパイプを使用してるので、グッと前に伸びる感じ。

#fridaynightcx

A post shared by Yasutake Enomoto (@_enopy_) on

油圧ディスクブレーキの導入で、少ない力でもグッと止まる感じは嬉しい。

コーナー進入しやすくて、立ち上がりの漕ぎ始めにグッと前に出る感じも嬉しい。まさにシクロクロスバイク。

このバイクを作る上で一番こだわったのは、ワイヤーの取り回し。トップチューブには、ワイヤーがない。下のフレーム(ダウンチューブ)にシフト、ブレーキのワイヤーが通ってる。


なぜ、そうしたかと言うと、自分らが出るレースレベルだと、担ぐシーンなんて無い。フレームを持ち上げるときって、シケイン(木の障害物)を飛び越えるときくらい。

そのとき、100%トップチューブ(上側のフレーム)を持つ。自分は、そこにワイヤーがあるのがキライ。それが理由。

油圧ディスクブレーキにして良かったことは、さっきタクシーが急に止まったとき、追突を防げた事。

#練習ツライ

A post shared by wataru sakurai (@wataru39) on

そして毎週金曜日夜はナイトシクロクロス。ハンバーガーが食べたいために開催してるのじゃなく、今回もたまたまハンバーガーだった。

広島市内のバーガーを制覇するまで、このキツイ練習は続くでしょう。


ジオメトリーは非公開。このバイクに乗ればC3で上位で走れる事間違いない。

このバイクは、12月18日(日)広島空港のシクロクロスがデビューレース。優勝は狙ってません。また3位を狙います。

レース当日は、たこ焼き、コーヒー、音楽などなど楽しいシクロクロスをやります。