まだ、このバイクの名前が決まってないですが。

今週末18日(日)中国シクロクロス!舞台は広島空港!

昨年は極寒の中開催された、思い出に残るレースでしたね

昨年の広島空港ブログ

中国シクロクロス第7戦広島県立中央森林公園 激寒!−6℃から0℃の戦い → こちら

そんなこんなで、日曜日走る仕様完成!ホイルセットをチューブラーに交換しただけ。

オールシティーにつけてたパワークランクも、こっちに移植。その理由は、シクロクロスレースって、どれくらいのTSS値(疲れた数値)があるのか知りたいため。

ハブはクリスキング。クリスキングのハブは、中のシャフトを入れ替えるだけで、135mm→142mm。9mm→12mmと変更できるので、一つのハブを大事に使うことができる。

実際、このホイルセットはオールシティーで使ってた物。そのときは、クイックレバー仕様だった。

このgrumpyCX(まだ名前が決まってないので、ひとまずこの呼び名で)は、前後スルーアクスル仕様。

伊予のくにバイクロア11月13日(日)

今回の中国シクロクロス 広島空港のC3(カテゴリー3)の参加者は40名くらい。1位、2位になればC2に昇格!です。ただ、広島の自転車チームのヴィクトアールの選手がいるみたいで、平地の多い広島空港のレースでは、レース経験者が有利な気がする。

2016年に10月から出てるレースは2戦とも3位。

伊予のくにバイクロア11月13日(日)

あと参加できるシクロクロスレースが2戦(広島空港、宮島)なので、新しいフレームのジオメトリーを確かめながら、3位目指して30分ペダル漕ぐだけ。

😎

A post shared by Yasutake Enomoto (@_enopy_) on

このgrumpyCXは、自分みたいなカテゴリー3の人が、カテゴリー2へ昇格できるように、過去の自分よりも速く走れるように!がコンセプト。もっと速く走って優勝を目指す人は、もっと軽量なカーボンブレームなんかがいいでしょう。

ストップアンドゴー、コーナーリングが上手くなったと錯覚する仕上がりになってますヨ。

 

スクリーンショット 2016-12-13 11.40.26.png

 

なまずって、夜行性で、雑食で、底を泳いでて、冬は動かない。食べられてみんなに喜ばれる。

なんかこのcxって、そんな感じです。