フロントのブレーキケーブルのベストなルートについて。

最近はキャリパーブレーキの自転車を触る機会が減って、ディスクブレーキの車体ばかり整備、組み立てなどなど。今の自転車文化はアメリカの西海岸からやって来てる。

当然、ブレーキはUSA仕様で、フレームもUAS仕様になってる。

左:前ブレーキ

右:後ブレーキ

 

というのが、ベストなセッティングが出やすいです。

そのまま、前ブレーキワイヤーを設定してしまうと、超ダサいルートに。

IMG_4737

IMG_4739

これまだダサいけど、今のところ結束バンドで固定するやり方がベスト。これはアメリカのサーリーにいった時に、スタッフの自転車がこうなってたのをヒントに。

今自分のオールシティーもこのルートで設定。

ヘッドパーツとフレームに擦れ跡がつかなくてオススメの取り回しです。参考にどうぞ。

モーターサイクルのブーツについて妄想中。

オートバイに乗ってる人なら一度は、気にしたことがある靴。そうブーツ。初めてvmax1200に乗ったのは19歳の頃。その頃見てたvmaxの本に載ってたブーツ姿が!最近それらの本を古本で購入。

fullsizeoutput_197efullsizeoutput_1980fullsizeoutput_1982fullsizeoutput_197dfullsizeoutput_197f

たぶんレッドウイング2268だと思う。が、2268は本国でも生産が終了し、現在は9268ってモデルが出てる。

MTBではタブーとされてた前カゴ。

本当はNGです。

こんな部品を使って簡単にできてしまいました。

そんなことよりも、今日買ったミノウラの超簡易スタンド。存在は知ってたけど、実際に所有すると、その良さに気がついてしまった。

サドルの下を通すだけの簡単。後輪のクイックレバーに差し込むタイプのスタンドって、姿勢を落として、めんどくさいけど、これなら立ったまま簡単に置くだけ。

縦に場所とる。

そしてコレコレ。こんな便利なものがあったとは。

ドーーン!!

10年ぶりくらいなー。自転車がこんなに楽しくなったのは。

ハンドルの手前になってる角度、バックスイープについて丁度良い角度を探し中。

なんて言うんでしょう。自転車歴20年以上経過しても、「自分の好きな角度を探る」という行為は、自分が自転車を好きになった初心を思い出させてくれる大切な事。

バックスイープは、5,6,9,11°など様々。今回つけたハンドルは9°

リッチーの高級ステムはトルクスなので、ちょいと面倒。しかも、締めるネジ位置が普通と逆。

7583897120_img_0867

サイズ20のトルクスを普段から携帯しないといけないので、これを無くしたら大変。

7583897120_img_0865

ハンドルのUPは0mm。

7583897120_img_0869

あんまり鬼ハンにしないのが自分のスタイル。鬼ハンとは、ハンドル端っこが上がるセッティング。

7583897120_img_08727583897120_img_0871

ますます自転車に乗るのが楽しくなってきますね-。

ミノウラのこのアダプター。これだけオーダーできるんですが、これがあればフォークの下側にダボ穴付けれて、WALDの大型バスケットが付けれる夢が叶いそうです。

img_4672

たぶん、マネする人が増えてくると思うので、やってみようと思います。

このフォークに大型前バスケットとか、かっこよくないですか?

冬の夜、vmaxに乗っておでんナイトツーリングへ。

なんか懐かしい。大学生のとき少しだけ気になってた女の子と行ったのを思い出す。いろんなコンビニに行っておでんを食べる。ただそれだけ。

それだけですごく楽しい。今回はセブンイレブン、ファミリーマート、ヤマザキデイリー、ローソン。vmaxで4件のはしご。

とにかく冬のvmax1200は乗りやすい。が、燃費が悪い。チョーク引いて暖気するときが多いので、8km/1リットル位。真冬でも、このパタゴニアが暖かい。インナーには多めに厚着。

コンビニおでんと言うとセブンイレブン。たぶんCMの美味しそうなイメージが先行してて、食べたら美味しく感じるのだと思う。間違いない。

とりあえず夜見るvmaxが迫力あって好き。美しい。

街中にvmax1200似合う。

ホイールの隙間の光がいい。いい!

今夜の広島は気温8℃。暖かい。

エンジン停止状態で押すと、クリスキングハブ並のスムーズなvmax1200。まるで300kgの重量じゃないみたい。

Untitled

こんなこともできる。

このおでんツーリング、自転車でもやりましょうね。案外楽しかった。

次のミッションは前かごを付けること。気楽に乗るつもりが、気楽に乗れない自転車。

最近休みの日のオートバイばっかり乗ってると、むしょうに自転車に乗るたくなる衝動。この自転車に乗りたい!その感覚ってみんな忘れちゃうんですよね。先週なんか、距離500mだけ乗っただけで凄い楽しかったし。

冬になって服装も厚着になって、ドロップハンドルの前傾姿勢がめんどくさくなって、背中の下着が出る。そんな季節になって来たので、フラットハンドルで気楽に乗れる自転車に乗りたいなーと思って、そうだあのスケべ椅子カラーのMTB乗ろう!と。

約一年ぶりに地上に降りたMTB。まだ使えるパーツは保管してるから、速攻完成。

王滝に出たときと、ほとんど変わってない仕様。こだわればキリがないから、本当はダサいぱーつも変えたいけど、気楽に乗ることが目的だから、これでヨシとしましょう。

バッサゴ フレームサイズL。サドルTOP745mm。

タイヤはF:29×2.40 R:29×2.20

フロントフォークはカーボン。カーボンだから、どうこうないけど、以前持ってたナイナーのカーボンフォークよりも乗り心地はいい。ナイナーのカーボンフォークが29インチリジットフォークの中でNO,1だと思ってる。でも、味付けがレーサーなので、正直言って乗り心地は悪い。サスペンション硬めのレーシングカーって感じ。

ハンドルはトムソンカーボン。これは以前スチームローラーにつけてたもの。このバッサゴのMTBにはライズ0mmがちょうどいい。普段ドロップハンドルに乗ることがおおいから、バックスイープは6〜9°が自分には合ってる。

あと、ドロップハンドル設計の車体にフラットハンドルをつけると、ハンドルが低くて手前に来すぎるから、フラットハンドルで心地よく乗るにはやっぱMTB設計のフレームですね。

ハンドル幅は650mmくらい。近年の幅広目のMTBハンドルに慣れると楽なんだけど、XC系のMTBには710mm幅は広すぎる。680mmくらいがちょうど良いんでしょう。

そして、このグリップ。ODIのセンターネジ止め!これなら650mmのハンドルでも、グリップを少しだけ外側に付ければ680mm700mmにイケるんです。本当はやっちゃダメだけど。

ハンドル幅のポジション変更が多い広は、このセンターネジ止めのロックオングリップがいいでしょう。

いま、使ってないクリスキングのホイールセットが3セット。MTBハブのセットがあったので、MTBバイクに初クリスキングハブ。このハブは、以前ストラグラーにつけてたホイール。いまストラグラーは650B仕様になってるので、このホイールを使ってない。

ブレーキはAVID BB7。本当はポールが欲しいけど、それつけたら気楽に乗れない仕様になるので却下。

ペダルはDMR 2000円。この価格帯では最強のフラットペダル。grumpyでは、自転車を買ってくれた人に無料でペダルをサービスしてて、ダート系の自転車にはコレをプレゼントしてます。もっと良いのが欲しい人は、もっと良いのを手に入れてください。

クランクなんて4年くらい交換してない。使えるから良いんです。超ダサいから交換したい。

サドルはWTBのボルトカーボン。シートポストはリッチーの軽いやつ。この2年くらいでリッチーが超流行ると思ったけど、そうでもなかった。ポール、トムソンと違って、少しレーサー感あるデザインが好き。

このバッサゴは、実はシングルギア専用。それをこのフレーム専用のアダプターを付けてギア付きにしてます。コンポも渋いっしょ?10Sです。スプロケットはXTR。

音がめちゃくちゃいい。クリスキングのハブ。もし2台目の自転車を購入する計画してる人は、その予算でクリスキングのハブを買った方がいいと思う。それくらい価値観変わる自転車の部品。

オールロードバイクなどに使ってるベロシティーのイルロン。このリムが大好きなんです。

ということで、予想通り気軽に乗れるので大満足です。

次のステップは、修理セットをどこに入れるか?持ち歩くか?サドルバッグは嫌いなので、前カゴか、前バッグか、フレームバッグか。それか、この自転車に乗るときはバックパックにするか。

また一つ悩みが増えてしまった。

 

秋ヶ瀬のバイクロアが本当のバイクロア。

もっとこの楽しさが中四国地方の人に伝わればなーと。

参加者のインスタからも、その楽しさが伝わって来る。

これぞ自転車文化(カルチャー)。

自分が埼玉にいた頃は、こういうイベントに参加するにも有休で参加したり、やはりお店の方向性の関係で参加しにくい状況だった。

年末年始に2年ぶりに埼玉で過ごすんだけど、バイクロアの漕ぐ人とも会えるので、その場ではバイクロアの話抜きの楽しい話をしたい。別に仲悪いわけじゃないから安心してね。

Vmaxってドラッグ系のイメージ。それに合うヘルメットを見つけてしまった

1985年に発売になったヤマハVmax。排気量は1200ccで当時は馬力がありすぎて任意保険が高かったとか言う話も聞いたことある。

最近の大型自動二輪の馬力は180psもあったり、数年前の馬力規制100PSもあるけど、海外輸出オートバイって100PS以上。その過激さを求めて逆輸入を買うのがステータスだった時代もありましたね。

このVmaxは145psのカナダ仕様で逆輸入車。

145PSと言っても、300kgの重量なので、軽量なスーパースポーツと比べても馬力少なめ。

そんなドラックスタイルに似合うヘルメットが登場したので見つけてみた

コレは欲しいヘルメットだ。オートバイもTPOに合わせてヘルメット6個くらい持っておきたい

価格は5万円くらい。