ムービー。10年前に2年間だけウイリーの練習してた結果。

ファットバイクなら、路面の接地面が多いから簡単にウイリーできる!

通勤で軽快にウイリーしたいひとは、ファットバイクを買えばいいでしょう。

ファットバイクは、ウイリーしやすいです👍

A post shared by Yasutake Enomoto (@_enopy_) on

トレイルを走るだけがMTBじゃない。通勤でもMTBに乗れば結構楽しいっす。

国産IRCチューブレスタイヤを使ってみる前に。新「フォーミュラプロチューブレス」シリーズの クロスガード700x28C

もう23Cのタイヤには乗らないと決めたので、次なる変化が欲しいということで、チューブレスタイヤを使ってみることになりました。深谷産業S山さんありがとうございます。

スクリーンショット 2017-04-25 21.20.05.png

少し前置きになりますが、自分がIRCタイヤを出会ったのは、高校3年のとき。当時は自転車通学だったので、IRCのメトロを愛用。その後、ラバーズソールを使ったり、MTBライドにミブロを使ったり。

実はいろいろ使ってた事と、実際に自分が使ってたタイヤ達の開発の人と話せたので、今回IRCタイヤに魂を売ることになりました。

日本製と書いてあるモデルは、基本上位モデルのみで、宮城県で生産されてます。

という事で、まずは愛車のシエロ ロードレーサー ディスク Lサイズをチューブレス化することに。使ってるベロシティーのリム イルロン がチューブレス対応なんです。これも自分の予想どおりというか、いつかヤってみたかった仕様なので、このリムを選んでよかったです。

これがどういう意味かと言うと、このリム使ってる人はチューブレスタイヤをつけれる権利があると言う事です。あめでとうどざいます。決して戦略的じゃないので、あくまでも偶然です。

チューブレス化するには、専用のリムテープ、専用のバルブなどなど必要ですが、すでに手配したので、来週には自分のSNSにアップされるでしょう。

今回選んだタイヤは、フォーミュラプロ チューブレス クロスガード [参考販売価格:¥7,600]

スクリーンショット 2017-04-25 21.19.26.png

tire-Xguard.png

700x28Cを使います。理由は、23Cの必要性がなくなったからです。

パンクしたらこれを使います。

fast-respawn-1.jpg

たぶん、5月4日の #ridetobishima に間に合うので、とりあえず凄く楽しみです。

 

THE GIRO CYCLING STORY