grumpyオリジナルCXって

いろんなCXにのってきて、シクロクロスを速く走れるジオメトリーで作ったgrumpyCX!

残念なことだけど、サイズがデカすぎて、みんなが乗れない。

自分の身長が173cmくらいだったら良かった。

#grumpycx

A post shared by Yasutake Enomoto (@_enopy_) on

シクロクロスの車体をレースで乗るんじゃなくて、普段乗りしたら最適なんですよ実は。よく走るし、太いタイヤ入るし、ロードバイクみたいな細い専用バイクに乗るメリットは?

もう一度考えて、自転車選びをして欲しい。

伊予:松山 バイクロア

バイクロア伊予のホームページに載ってました。ほとんどの写真はgrumpyが撮った写真。いったかいありました。興奮するとアゴが出ます。

11月12日(日)エントリー始まってます #iyo_bikelore

A post shared by Yasutake Enomoto (@_enopy_) on

たぶん、今シーズンのシクロクロスは出ないので、週末はシクロクロス気になる人は店頭で会いましょう。

色々ありましたが、怪我なくシクロクロスシーズン、ひとまず終了です。

色々ありましたが、怪我なくシクロクロスシーズン、ひとまず終了です。

写真は Yuki Onari

色々ありましたが、怪我なくシクロクロスシーズン、ひとまず終了です。
今シーズンは、もみの木森林公園、バイクロア、広島空港、宮島の4レース参加させてもらいました。
最後の2レースは、プロトタイプのCXバイクで参戦。
速く走るには、身体的に色々と課題はありますが、バイクがイイと一瞬だけ1位になれるので気持ち良いです。

このシクロクロスバイクは、自分のサイズに合わせたスペシャルバイク。

Processed with VSCO with g3 preset

ジオメトリーはオリジナル。ヘッドチューブは160mm。

Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset

このバイクは、シクロクロス初心者が乗って速く走れるバイク。

写真は Yuki Onari

スタートダッシュが良いんです。自分みたいに、練習でハンバーガー食べてても、素早いスタートダッシュで、500mは1位を走れます。その後のレース展開は、自分自身の体力次第。

写真は Yuki Onari

このバイクの特徴は、トップチューブにワイヤーがナイ。

シケインを素早くカッコよくクリアする事ができる最高のバイク。

写真は Yuki Onari

シケインをこえる時は、トップチューブを持ちやすい。

写真は Yuki Onari

写真は Yuki Onari

写真は Yuki Onari

クイックすぎないハンドリング&油圧ブレーキなので、コーナー進入しやすい。そして、実は短めのチェーンステーなので、よく曲がるんです。C3レベルの話です。

写真は Yuki Onari

今年の10月から始まるシクロクロスも楽しみましょう

1月22日は宮島でシクロクロスの楽しいイベントが

応援待ってます。応援来た人には、もしかしたら暖かいコーヒーがあるかも?なので、マイコップ、飲める水を持参で。

写真は昨年の宮島シクロクロス


昨年と変わったのは、自転車と、サングラスと、3位を維持する!と言うモチベーション


怪我しないように30分走りきりまっす!

grumpyCXで初レース参加!その感想は??

昨年の極寒だった広島空港シクロクロス。今回は昨年比10℃高い気温だったので、本当に楽しく走れました。応援に来てくれた方へ、ありがとうございます。この調子で、カテゴリー3のトップ5以内を維持して走れるように、毎週金曜日のナイトシクロクロス練習に励みます。

今週は練習ナシにします。

スタート位置は、3列目くらい。第一コーナーは10位くらいの位置でしたが、662のあの人がコケてくれたおかげで、結構前に行けました。

IMG_0155

このコースは抜きどころが多いから、いつか3位くらいに出れるだろうなーって思ったら、担ぐセクションが多いのと、シクロクロスっぽくない「でこぼこ」な路面状況で、それだけで体力消耗。

結果は6位くらい。今回はプロのトライアスロンの選手?とか、オンロードレースで速い人?がいたみたいで、そういう人は、カテゴリー2のエントリーでスタートして欲しいですねー。なんかカテゴリー3の速さじゃないから、レース2日前からモチベーション下がる。

このバイクの特徴は、トップチューブにワイヤー類がない。理由は、フレームを持ちやすいから。

ダウンチューブには、シフトワイヤー、ブレーキワイヤーがある。が、自分のレベルじゃトラブルおきないし、トラブル起きそうな時は事前に対処できるので「ワイヤーの位置」は、そんなに重要じゃない。

シケインの進入で、いかにフレームを持ちやすいか?それが一番。あれが好き。あと、いままでシクロクロスのレースやってきて、ダウンチューブを持つシーンって少ない。だから、ワイヤーはダウンチューブの位置にある。

このぼこぼこレースだけだと、なんとも言えないですが、よく走るし、コーナリングがいい。

 

実戦で使ったのは初めてだったので、右レバーが緩んだり、サドルが前下がりになったりと、半分以上は本領発揮とは言えないレースだったので、次回参加の宮島では、3位目指して頑張ります。

 

よく走るんです。このバイク。

12/18(日)シクロクロスデビューのバイク。今からワクワクしてます。

整いました。間に合いました。


久々に、ここまでスローピングしてるフレーム乗るのでワクワクです。シクロクロス初心者でも、速く走れるバイク、ここに仮完成です。

タイヤはチューブラー。ハブはクリスキング。

ブレーキは油圧ディスクブレーキ。ハンドルバーは、以前紹介したフィジークです。バーテープもフィジークを。


そして、このヘッドチューブ。コラムスペーサーの無い、無駄のないシンプルだけど、パンチのある格好良さ。

ステムは仮なので、トムソンか、リッチーか、フィジークを付けようと思ってます。

ステム長100mm。


サドルも以前紹介したフィジークを。grumpyのブログで、このサドルを書いてて、今頃「あのグレー色のフレームなに??」ってザワザワしてるでしょう。


クランクはROTOR。38TのQリングを付けてます。QCX1なので、チェーン外れが無し。PCD110mmのクランクに、これが付くという事が判明!


↑これパワークランクなので、カテゴリー3のTSS値を調べてきます。ペダルはXTR。
エンドは、パラゴンマシンワークス製品。スプロケットは11-32Tを使用。クランクは38Tなので、ヒルクライムは苦手。


寄せ集めのパーツで組むはずが、結局フラッグシップ並みの完成品になってしまった。

細かい作りよりも、ジオメトリーがキモなので、まずはそれのチェックを。

まだ、このバイクの名前が決まってないですが。

今週末18日(日)中国シクロクロス!舞台は広島空港!

昨年は極寒の中開催された、思い出に残るレースでしたね

昨年の広島空港ブログ

中国シクロクロス第7戦広島県立中央森林公園 激寒!−6℃から0℃の戦い → こちら

そんなこんなで、日曜日走る仕様完成!ホイルセットをチューブラーに交換しただけ。

オールシティーにつけてたパワークランクも、こっちに移植。その理由は、シクロクロスレースって、どれくらいのTSS値(疲れた数値)があるのか知りたいため。

ハブはクリスキング。クリスキングのハブは、中のシャフトを入れ替えるだけで、135mm→142mm。9mm→12mmと変更できるので、一つのハブを大事に使うことができる。

実際、このホイルセットはオールシティーで使ってた物。そのときは、クイックレバー仕様だった。

このgrumpyCX(まだ名前が決まってないので、ひとまずこの呼び名で)は、前後スルーアクスル仕様。

伊予のくにバイクロア11月13日(日)

今回の中国シクロクロス 広島空港のC3(カテゴリー3)の参加者は40名くらい。1位、2位になればC2に昇格!です。ただ、広島の自転車チームのヴィクトアールの選手がいるみたいで、平地の多い広島空港のレースでは、レース経験者が有利な気がする。

2016年に10月から出てるレースは2戦とも3位。

伊予のくにバイクロア11月13日(日)

あと参加できるシクロクロスレースが2戦(広島空港、宮島)なので、新しいフレームのジオメトリーを確かめながら、3位目指して30分ペダル漕ぐだけ。

😎

A post shared by Yasutake Enomoto (@_enopy_) on

このgrumpyCXは、自分みたいなカテゴリー3の人が、カテゴリー2へ昇格できるように、過去の自分よりも速く走れるように!がコンセプト。もっと速く走って優勝を目指す人は、もっと軽量なカーボンブレームなんかがいいでしょう。

ストップアンドゴー、コーナーリングが上手くなったと錯覚する仕上がりになってますヨ。

 

スクリーンショット 2016-12-13 11.40.26.png

 

なまずって、夜行性で、雑食で、底を泳いでて、冬は動かない。食べられてみんなに喜ばれる。

なんかこのcxって、そんな感じです。

カフェド入荷です。と言いたいトコだが

カフェド入荷です✨入荷商品はブログにて☝︎ @cafeducycliste_style #cafeducycliste #simworks

A post shared by Grumpy Bike Shop (@grumpy_bike) on

カフェド入荷!と言いたいのじゃなくて、実はこの自転車を見て欲しいんですよ。ディスクブレーキ仕様のシクロクロス!

このシクロクロスは、コーナーバイクで作製してもらったオリジナルシクロクロス!

ジオメトリーは自分が決めさせてもらいました。

今夜のナイトシクロクロスでは、芝の上を初走行。アスファルトで乗った時は、凄い進むのにビックリ。日本人に合った細目のパイプを使用してるので、グッと前に伸びる感じ。

#fridaynightcx

A post shared by Yasutake Enomoto (@_enopy_) on

油圧ディスクブレーキの導入で、少ない力でもグッと止まる感じは嬉しい。

コーナー進入しやすくて、立ち上がりの漕ぎ始めにグッと前に出る感じも嬉しい。まさにシクロクロスバイク。

このバイクを作る上で一番こだわったのは、ワイヤーの取り回し。トップチューブには、ワイヤーがない。下のフレーム(ダウンチューブ)にシフト、ブレーキのワイヤーが通ってる。


なぜ、そうしたかと言うと、自分らが出るレースレベルだと、担ぐシーンなんて無い。フレームを持ち上げるときって、シケイン(木の障害物)を飛び越えるときくらい。

そのとき、100%トップチューブ(上側のフレーム)を持つ。自分は、そこにワイヤーがあるのがキライ。それが理由。

油圧ディスクブレーキにして良かったことは、さっきタクシーが急に止まったとき、追突を防げた事。

#練習ツライ

A post shared by wataru sakurai (@wataru39) on

そして毎週金曜日夜はナイトシクロクロス。ハンバーガーが食べたいために開催してるのじゃなく、今回もたまたまハンバーガーだった。

広島市内のバーガーを制覇するまで、このキツイ練習は続くでしょう。


ジオメトリーは非公開。このバイクに乗ればC3で上位で走れる事間違いない。

このバイクは、12月18日(日)広島空港のシクロクロスがデビューレース。優勝は狙ってません。また3位を狙います。

レース当日は、たこ焼き、コーヒー、音楽などなど楽しいシクロクロスをやります。

完成です。


Topチューブ561mm

ヘッドチューブ161mm

サドルTop745mm

もし、乗れる(試乗)身長の方は、ぜひ乗って欲しいバイクです。


12月18日(日) 中国シクロクロス 第4戦 広島県立中央森林公園(広島空港)

1月22日(日) 中国シクロクロス第5戦 宮島 包ヶ浦自然キャンプ場

自分が参加できる今シーズンのシクロクロスは、この2戦です。このバイクで走りますね!楽しみです!