サーリーのストラグラーでキャンプをしてみる。

ま、サーリーでもなんでもいいけど、キャンプツーリングがしたくなって、1泊2日でもいいから行ってみたい。

インスタグラムにストラグラー投稿すると、いいね!を稼げるので、いいね!欲しい人はストラグラーを買った方がいい。

650Bのタイヤが可愛い!

サーリーのカラテモンキーの問い合わせ多くなってますねー

 

 

今一番欲しいMTBはカラテモンキーですね。

IMG_1818-600x399.jpg

grumpyでも一番人気の車種

http://www.grumpy.jp/?s=カラテモンキー

 

 

サーリーのストラグラーでキャンプをする。

今まで気になってない人も、この自分がキャンプをすると言う事で、気になってきたのでは?

このキャンプ専用車両。よく見ると、マニア心くすぐるパーツいっぱい付いてます。


まだ荷物を積んだ状態じゃないけど、たぶん積めない。

トレーラーを付けるか、現地まで車に積んで行くか。

4月はキャンプするので、楽しみです。

自分らのキャンプって、ビールとウインナーやって、高性能のマットと寝袋で、夜空の下で爆睡する。

そして、朝は空腹状態に美味しいコーヒーを頂く。それだけ。
今年は数回やろうって決めてます。ひとまず、寝袋を用意しなきゃ!です。

サーリーカラテモンキーLサイズブラック組み立て中です!

Lサイズを組めるというので、だいぶテンション上がってます。

IMG_9447.JPG

アメリカで乗ったのがLサイズ。アメリカのトレイルはシングルトラックだったので、自分にはLサイズが良かったんでしょう。

このカラテモンキーも27.5×3.0で組み上げます。楽しみですねー!

今まで持ってた旧型のカラテモンキーもLサイズ。

トレイルで振り回すなら、Mサイズですが、やっぱLサイズも気になりますね。

これがLサイズ。ステムは70mmが付いてました。

 

2017年こそ、1泊2日でキャンプーリングへ。

準備はOK。

今となっては、キャンプは苦手になってしまったが、20歳頃はオートバイに乗ってよく旅に行ったのもです。キャンプ場でテント泊したり、駐車場にテント張って野宿したり。その辺の水を温めて、パスタ作ったり、近くの温泉に行ったり。

(現在でも、テントやらキャンプ用品一式持ってます)

あれから10数年が経ち、昔を振り返ると、旅人ってなんか汚いイメージあるぞ!風呂に入らなくても大丈夫みたいなイメージが特にヤバい。

温泉に行った後に、そのタオルをどこかの場所に巻いて乾かしながら走ってる。なんか汚いイメージ。※自分がそうだったように。

て言うか、久々にテントで寝てみたい。それだけ。

究極のウルトラライトパッキングツーリングって、クレジットカード一枚でライドすること。これも、今年やってみたいライド。だれか行きます?

サーリーのNEW!!カラテモンキーの進化がすごい。

WTB オシ 27.5×3.0💪 #wtbtires #surlykaratemonkey

A post shared by Yasutake Enomoto (@_enopy_) on

もう、完全にWTBオシになってるカラテモンキー。27.5×3.0が凄い。

ファットバイクだと漕ぐのが重い、、、と感じるなら、この27.5プラスが良いんでしょうね!

このカラテモンキーの詳細はgrumpyブログで。

広島で雪ライド。しかもファットバイクで!

願いが叶いました。


いつ乗るの?今でしょ!!

と言うことで、新雪求めてファットバイクで、近所をパトロールしました。以上なし!

ファットバイクの安定感、半端ないですね〜。



もう少し早く、この楽しさに気がつけば良かったです。ファットバイクは最強に楽しいですね〜

grumpyブログにも書いてるカラテモンキー

fullsizeoutput_105f.jpeg

パープル色のSURLY KARATE MONKEYやってきました!ブログ http://www.grumpy.jp/?p=30596

 

これは、フレームから組んで、サスペンション入れて、27.5×3.0のタイヤ付けて、ドロッパーシートポストつければ完璧なMTBになる!と今日のとこは勘弁しておこう。

付属するフロントフォークは幅110mm、Rエンドは148mm!そう!ブースト規格になってる。もう、あの鈍臭いカラテモンキーじゃなくなって、真面目なカラテモンキーとなってモデルチェンジして戻って来た感じ。

やはり、古いモノのいい感じの部分と、いい方向にアップデートしてるカラテモンキーは、とりあえず欲しいMTBランキングTOP3内にランクインする。

grumpyのブログでは触れてないけど、これすでに売約済みで、今後はホワイトインダストリーズのブーストハブ、ホワイトインダストリーズの新型のクランクを使って組むんです。

サーリーアイスクリームトラック27.5×3.0計画!

コレ、みんなやってみたかったでしょう!

ファットバイクの可能性が広がるカスタム!

ハブは新しく用意。

Fハブ150mm x 15mm、Rハブ197mm x 12mm!もう規格外で、よく分かりませんね。

26×4.0と27.5×3.0の直径がほぼ同じなので、見た目スッキリだけど迫力あるファットバイクが組みあがりそうですね〜。
サーリーアイスクリームトラック↓

リムをブラックにしただけでも、格好良さが倍増。お願いだから、ここ広島に大量の雪が降ってほしい。

で、各ブランドはファットバイクをラインアップしてて、サーリーが最初のファットバイク!と言う事で、その開発秘話を聞いたら、他のブランドとは比べ物にならない情熱。

フワフワした空気を楽しむ!それかサーリーの一番大切にしてる事。2017シーズンは、このアイスクリームトラックでMTBライド楽しみますよー!


自分は身長180cm。山の中で遊ぶ事を考えると、サーリーはMサイズを。サドルTOPは740mmで、フラットペダルを。

このアイスクリームトラックのジオメトリーは、実はトレイル向きになってて、降り気味のトレイルが凄く楽しいです。

MTBって長時間乗って楽しい!って感じで、このファットバイクのジャンルって、短時間で普通のMTBの倍楽しめる!って感じです。楽しい要素が多いから、つおついトレイルに持って行きたくなるバイクですね〜。