キャンプに行くには、荷物が多い。それが悩み。

#OTG_camp に向けて、10年ぶりくらいにRラックとスタンドを取付しました⛺️

A post shared by Yasutake Enomoto (@_enopy_) on

どう考えても荷物が多い。オートバイで日本1周してたときよりも荷物が多い。なんで?

だから、後ろにも荷台をつけないと、荷物が運搬できない。ま、走行距離は10km以内だが。

10数年前の自分へのメッセージ

大学生とのき、Yamaha V-max1200とBuell XB9Rで日本1周13000km。10数年が経ち今感じることは、旅は距離や日数じゃないんです。自分なんて見つからないのです。

自分探しの旅よりも、目的を持って旅をした方が、将来役立つ事が多いです。


WTBのセールスマネージャーのジェフさんとMTBライド!

とにかくすごかった!grumpyを出発してすぐに、こんな感じ。

壁があると、ウォールライドするし!自分のアイスクリームトラック壊れるか心配だった。

シマノのSPDシューズ履いてましたねー!これ欲しかったやつ。

 

とにかく、今までに見たことないライド。本気で楽しそうで、負けた。

そこは飛ぶところじゃない!でも飛ぶところがすごい。

自分はジェフさんにMTB貸したので、オールシティーに40Cタイヤを付けてライド。

シクロクロスに40Cつけると最強だった。ズバリ言って、いろいろ問題があって、自転車を増やせない人は、シクロクロスでもMTBライドができる!40Cで!

そうやって乗るの初めて見た。

くだり坂。

 

 

とにかく楽しいライドだった。

用途に合わせて色々ある自転車。

マイ自転車🚲

A post shared by Yasutake Enomoto (@_enopy_) on

この他に、ロードバイク1台、固定ギア1台、MTB1台、、、合計7台乗れる自転車があります。

7台中5台がドロップハンドルという事で、やはりドロップハンドルの乗りやすさが結果に出てますね。ドロップハンドルは手首の位置が自然なので、手首が疲れにくい。だから長時間持っても乗りやすいんです。

なにが言いたいかと言うと、1台では楽しめないんです。

もし1台で全てを楽しむなら、MTBタイプなら サーリーのカラテモンキーを。

ドロップハンドルタイプなら、サーリーのクロスチェックがいいでしょう。

2台とも所有してましたが、いま思うと、やっぱり素晴らしい自転車で、ファンが多いのにもちゃんと理由があるんですね。

 

ナイトライド

恒例の金曜日ナイトライド。昨日行き先変更になって、ヒルクライムが無くなった分、キツいナイトライドになりました。

見よ!この標高を!獲得標高500m級!

久しぶりキツい練習だったので、マメに練習しなきゃですね

走行距離30kmくらい。