後ろ側にもパニアバッグを

どう考えても荷物積めないので、後ろ側にもパニアバッグを。すぐ取り出せて、いっぱい入るやつを探してたらイイのがありました!

ブラックバーン

ローカルグローサリーパニアー オレンジ/ブラウン

img4_0000007058760.jpg

これなら、持ちやすいし、車でのキャンプでも使えそうですね。

キャンプに行くには、荷物が多い。それが悩み。

#OTG_camp に向けて、10年ぶりくらいにRラックとスタンドを取付しました⛺️

A post shared by Yasutake Enomoto (@_enopy_) on

どう考えても荷物が多い。オートバイで日本1周してたときよりも荷物が多い。なんで?

だから、後ろにも荷台をつけないと、荷物が運搬できない。ま、走行距離は10km以内だが。

10数年前の自分へのメッセージ

大学生とのき、Yamaha V-max1200とBuell XB9Rで日本1周13000km。10数年が経ち今感じることは、旅は距離や日数じゃないんです。自分なんて見つからないのです。

自分探しの旅よりも、目的を持って旅をした方が、将来役立つ事が多いです。


WTBのセールスマネージャーのジェフさんとMTBライド!

とにかくすごかった!grumpyを出発してすぐに、こんな感じ。

壁があると、ウォールライドするし!自分のアイスクリームトラック壊れるか心配だった。

シマノのSPDシューズ履いてましたねー!これ欲しかったやつ。

 

とにかく、今までに見たことないライド。本気で楽しそうで、負けた。

そこは飛ぶところじゃない!でも飛ぶところがすごい。

自分はジェフさんにMTB貸したので、オールシティーに40Cタイヤを付けてライド。

シクロクロスに40Cつけると最強だった。ズバリ言って、いろいろ問題があって、自転車を増やせない人は、シクロクロスでもMTBライドができる!40Cで!

そうやって乗るの初めて見た。

くだり坂。

 

 

とにかく楽しいライドだった。